出版グラビア印刷

ホーム > サービス > 印刷ソリューション > 出版グラビア印刷

出版グラビア印刷

群を抜く色調の美しさと色の深み。
そして、圧倒的な生産力で納期とコストを圧縮。 Unparalleled beautiful hues and depth of color. Reducing both deadlines and costs with overwhelming manufacturing strength.

スイス、イタリア、ドイツなど世界のテクノロジーを集約し、徹底した合理化と自動化のもとに、
グラビア印刷独自の深く色鮮やかな色表現を実現。
国内最大級幅のグラビア8色機4機による圧倒的な生産力を誇ります。
製本やラッピングも同一工場で行なう一貫生産で、納期短縮とコスト削減を可能にしています。

豊かな色調表現力

グラビア印刷の適性を十分に考慮した画像処理、そしてデータが劣化しないフィルムレス&ダイレクト製版によって、より忠実な色再現が可能になりました。グラビア印刷の持つ色調の美しさ、深みは群を抜いています。

豊かな色調表現力

生産力は、オフセット輪転の4倍

グラビア印刷機給紙部
グラビア印刷機給紙部

日本最大紙幅2m45cmのグラビア8色印刷機が稼働。A4判で64ページ、AB判で72ページの刷本が一気に仕上げられ、納期短縮、安定生産を実現します。

一貫生産でリードタイムとコストを圧縮

印刷から製本、ラッピング等の工程を同一工場内で一貫生産することにより、横持ちと言われる輸送費も発生せず、スピード、コスト面でのメリットを生み出しています。

静電除去グラビア印刷で、国際特許を取得

静電気の力を利用するグラビア印刷では、刷り上った印刷物が静電気を帯び、ページ同士がひっつくことがあります。当社は何度もテストを繰り返し、この問題をクリアする静電除去グラビア印刷の技術を開発。米国などで国際特許を取得しています。

さらに美しく、より読みやすく2007年からレーザー彫刻を導入

彫刻室
彫刻室

日野工場設立当初から、彫刻評価や印刷評価まで度重なる検証を重ね、取り組んできたレーザー彫刻の導入。YAGレーザー彫刻を導入することにより、彫刻スピードは約2〜3倍にスピードアップし、しかも機械彫刻を凌駕する色再現性、文字精度を実現しています。

合理化と自動化を追求した日野グラビア印刷工場

中央監視室
中央監視室

工場内3,000カ所から情報が集まる中央監視室で、工場全体を24時間監視・管理しています。
また、印刷工程においては、シリンダーや印刷用紙の移動を専用のロボットが自動的に行うなど、徹底した合理化、自動化を推進しています。

環境に配慮したクリーンファクトリー

液化天然ガスタンク
液化天然ガスタンク

ガスタービンエンジンによる自家発電装置、コージェネレーション設備を完備しており、そのエネルギーを溶剤回収に活用しています。グラビアインキで使用される溶剤の99%を活性炭吸着方式で回収し、再利用しています。
またコージェネレーションシステムの燃料には、環境にやさしいLNG(液化天然ガス)を利用しています。

天然ガス

コージェネレーションシステムの燃料には、環境にやさしいLNG(液化天然ガス)を利用しています。

溶剤回収

屋上に設置された溶剤回収装置。グラビアインキで使用される溶剤の99%を活性炭吸着方式で回収し、再利用しています。

Close Up!

シリンダーの彫刻
シリンダーの彫刻が美しさの鍵

グラビア印刷は、印刷時に刷版ではなくシリンダーを用います。このシリンダーに彫刻機で溝を掘ることで、インキ塗膜層が立体的に形成され、立体的ともいえる深みのある美しい印刷が可能となります。